<< 中学受験と家庭教師-家庭教師の種類- | main |中学受験と家庭教師-どうやって見つけるか- >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2007.06.29 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

中学受験と家庭教師-どの家庭教師を選ぶか-

中学受験のために家庭教師を雇うのであれば、まず
目的を明確にしなくっちゃです。

「成績をあげたい。」ってのは目的ではないです。
「成績をあげる。」ために家庭教師にどう関与してもらうのかを
明確にしましょー。

富士山教育blogランキングに参加してます。

例えば、
「時間の使い方が下手なのでペースメーカーとして。」
「宿題をきちんとやるかの監督」
「塾の補習」
「塾は信用できないからバリバリ指導してもらう。」


など、決めましょう。

おのずと雇うべき家庭教師像がうかびあがるはずです。

あとは、どのくらいお金をだせるかってことですね

〜5000円くらいなら、学生さんになるでしょう。
5000円〜ならある程度の指導力のある講師。

宿題チェックや時間管理ならば学生さんでもいいと思いますよ。
子どものやる気を持続させてくれる、子どもが懐く「お兄さん」「お姉さん」で。
「お兄さん先生」のためにがんばる!、だって勉強の立派な動機です。
褒めてくれる人が増えるのは嬉しいことです。

塾の補習や指導力を求めるのであれば、やや慎重に選ぶべきでしょう。
ある程度の経験があり、中学受験勉強の指導ができる先生を探すのです。
この場合は、中学受験の指針を「塾」におくのか「家庭教師」におくのかを、
家庭で明確にしておくのが大事
かなと思います。

指針を「塾」におくのであれば、あくまで黒子として塾の指導方法をなぞるように
指導できる家庭教師。

指針を「家庭教師」におくのであれば、プロを見つけて下さい。


で、指針を塾におく場合で学生家庭教師のときは、可能であれば担当の塾講師に
面会させちゃうのです!
塾講師に家庭教師のやることまで決めさせるのです

塾にとっても安心ですし(変な教え方しない)、家庭教師も不安がへりますよ。

塾までひっぱっていくのが難しいときには、お母さんが塾の講師に相談して
全体の流れでも一緒に考えてもらってきてください。

学生家庭教師に中学受験勉強のプランをたてる能力はありません。

次回は「ツテ」のひっぱりかたでーす。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ
中学受験ブログ集合★保護者・塾講師・塾講嫁!

スポンサーサイト


  • 2007.06.29 Friday
  • -
  • 12:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ranking
■にほんブログ村
■人気blogランキング
My Yahoo!に追加
■ジェイランキング
selected entries
categories
archives
recent comment
links
recent trackback
track word
中受ブログ
ad
マイクロアドでおこづかいゲット!
profile
others
mobile
qrcode
sponsored links

無料 カウンター学習塾ネットmixi sns

powered
無料ブログ作成サービス JUGEM